お風呂あがりにできるダメージケアアプローチの手順

目次

お風呂あがりにできるダメージケアアプローチ

お風呂で、シャンプー&トリートメント した後、よくタオルドライした湿った髪に対して行ってください。

2STEPトリートメントの手順

【STEP1】

しっかりタオルドライした髪にリケラミストを塗布し、しっかり揉みこみます。

【STEP2】

重ねてリケラエマルジョンを塗布し、しっかり揉みこみます。

その後、キューティクルをならすように馴染ませます。

そして、100℃設定のアイロン、ドライヤーブロー、冷風でクーリングで仕上げます。

ご注意ください

100度設定のヘアアイロン をウエットで用いることができるのは、リケラミストやリケラエマルジョン にポリアミンAEEが配合されているため、熱によるタンパク変性を抑えることができる仕組みをもつからです。

一般的なトリートメントでは同様な方法はお勧めしていません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

高分子ケラチン「プロテキュート」と開発し、理美容向けのプロフェッショナル用粧剤の開発に応用することに成功。2002年、株式会社リトル・サイエンティストを起業。2005年よりその開発力をもって、自社商品を開発・商品化し、今に至る。工学博士。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる