BYAC(ビヤク)の代わり

目次

ワクワクの種BYACを使うと

ワクワクの種BYACは、ハードダメージにより髪が水を吸うと伸びやすくなり、芯がなく、しっかり感が失われた髪に対して使用します。

このような髪の内部にはマイナスの電荷が多くなっており、その電気的な反発により、髪が簡単に膨潤して水を吸いやすい状態になるためです。

BYACをこのようなハードダメージした髪に付けると、傷んだ髪がギュッとしまり、芯を感じるぐらいしっかりした髪に変化します。

これは、髪がダメージすることにより内部に増えたマイナスの電荷をBYACのもつプラスの電荷で打ち消しあいます。

そうなると、髪が収縮し、水が髪の外に排出されるためと、さらにBYACのSH基の一部がSS結合を作ることで、髪が簡単に膨らまないように仮止めされるため、ダメージ箇所が疎水に近づき、トリートメント効果が著しく向上します。

BYACと同じような疎水化効果ができるものがあるか?

このBYACでできる疎水化と同じ効果を、リトルの業務に用いる他の薬剤でもできるのかと質問を受けます。

答えとしては、リケラのリノベーターローションとワクワクneoパワードベータ があれば同じハードダメージ毛の前処理として同じ結果を得ることが可能です。

具体的には、BYACを使う場所をリノベーターローションとパワードベータ に置き換えればいいのですが、ただ、リノベーターローションとパワードベータ をまぜるのではなく、最初にリノベーターローションを髪に揉み込み、その上からパワードベータ を重ね付けて、さらに揉み込んでいると、くたっとした髪に徐々にしっかりとした芯が出てきますから、それで前処理OKとなります。

例えばヘアマゼランの前処理に使う

例えばヘアマゼランであるなら、シャンプーしてタオルで十分水を取り除いた髪に、10gのBYACを塗布しますが、そこに5gのリケラリノベーターローションをハケでつけて揉み込み、その上からパワードベータ を5g 重ね付けしてもみ込みすると、毛先のハードダメージ箇所がしっかりしてきますので、ヘアマゼラン ウン、ワクワクの種シブミン、チェンジリンスと進みます。

ちなみに、10gのBYACのコスト=5gのリノベータローション+5gのパワードベータ です。(正確には10gのBYACの方が高いので、コスト的にもメリットがあります)

例えばリケラレドックストリートメントの前処理に使う

リケラレドックストリートメントの前処理なら、BYACとパワードベータ を1:1のところを、リケラリノベータローション→パワードベータ の順につけてもみ込みます。

質的にもコスト的にも臭い的にも、BYACに負けないぐらいの効果がありますから、是非お試しくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

高分子ケラチン「プロテキュート」と開発し、理美容向けのプロフェッショナル用粧剤の開発に応用することに成功。2002年、株式会社リトル・サイエンティストを起業。2005年よりその開発力をもって、自社商品を開発・商品化し、今に至る。工学博士。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる