ガサガサの唇にすべきこと・してはいけないこと

目次

ガサガサの唇にすべきこと・してはいけないこと

これから冬になると、唇の乾燥が気になりますよね。ひび割れたり、ガサガサの唇は、恋する女子の大敵!でも唇の荒れは隠したくても隠せません。

乾燥対策にはリップクリームが定番ですが、実は必ずしもそれが正解ではないのです。時にはリップを塗ることで、乾燥を悪化させる可能性も。

ガサガサの唇にすべきこと・してはいけないことをご紹介します。

1、唇を舐めない

ついクセでやってしまう人もいますが、唾液には唇を乾かす消化酵素が含まれています。余計唇が乾いてしまうので、舐めないようにしましょう。

▽ 対策→<きゅうりパック>

舐めるかわりに、きゅうりパックをしましょう。

きゅうりを薄く切って、唇にのせてください。

きゅうりの水分が乾いた唇の切れ目を潤し、乾燥を和らげます。

2、唇の皮をむかない

唇の上のはげそうな皮は、ついむいてしまいたくなりますよね。

しかし唇の皮には、自然に唇を保護する作用があります。

無理にむくと、ひび割れを起こしたり、痛みを伴う感染症になる可能性があります。

気になってもむかないようにしましょう。

▽ 対策→<けずりとる>

黒砂糖と水を混ぜたものを作り、唇が柔らかくなるまで塗りこんでください。

こうすることで、唇の乾いた余分な皮が自然にとれます。

また、リップスクラブでマッサージしてもよいでしょう。

3、リップクリームにだまされない

いまやリップクリームは乾燥対策の定番。

良い香りのするものや、色付きのオシャレなものなど、種類も豊富ですよね。

しかしリップクリームは種類によっては効果がありません。

唇の水分量があまり増えないどころか、唇に湿気が入るのを防いでしまいます。

さらにより悪いのが、メントールやペパーミントを含んでいるリップ。

これは乾燥を防がないどころか、刺激して症状を悪化させます。

▽ 対策→<薬用リップクリームをつける>

お風呂やシャワーに入った後に必要な水分や油分を補充するのに最適なのが、薬用リップクリームです。

またゴマ油を2、3滴つけてみてください。

ビタミンA(BとE)が豊富なので、唇を潤します。

4、酸性のものを食べたり飲んだりしない

オレンジジュースのような酸性の食品は、乾燥した唇をより刺激してしまい、症状を悪化させます。

▽ 対策→<たくさん水を飲む>

水をたくさん飲めば、体内の水分量が適切になります。

体内の水分量を保っておくと、ビタミンB、鉄分が満たされ、唇の血色が良く、潤って見えるようになります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

高分子ケラチン「プロテキュート」と開発し、理美容向けのプロフェッショナル用粧剤の開発に応用することに成功。2002年、株式会社リトル・サイエンティストを起業。2005年よりその開発力をもって、自社商品を開発・商品化し、今に至る。工学博士。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる