不活性リケラプラスを利用したコールドパーマ

目次

モデル

40代後半

カラー、パーマ履歴あり

ダメージレベル 3(トップ毛先4)

硬毛多毛、パーマはかかりやすい

工程

STEP
ワクワクneo3種混合原液+ワクワクneoミスト+リケラプラス リノベーターローション(1:1:4)  トップ毛先にワクワクneo特トリ
STEP
ワインド
STEP
ソニルクリープH塗布 自然放置5分→水洗
STEP
中間処理(ワクワクneo3種混合原液+ワクワクneoミスト+リケラプラス リノベーターローション(1:1:4)) 自然放置10分
STEP
2剤 オキシ 5分+5分

考察

今回は前処理と中間のクリープ工程でリケラプラス リノベーターローションを使い検証したかったのですが、ソニルクリープHを塗布して5分で十分なカールがでて中間処理でのスチームを使えませんでした。

ソニルクリープHのカール形成力が素晴らしかったです。

ロッドの大きさをもう一段上げるべきでした。

リケラプラスとの相性を良いのだと感じました。

使用した粧剤

ワクワクneo 3種混合原液

リケラプラス リノベーターローション

ワクワクneo 特トリ

ソニルクリープH

ワクワクneoミスト

close
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

中村 弘毅
EQUIP(東京都世田谷区)

ドライカットで全国に名を馳せる「EQUIP」のフラッグシップサロンを取り仕切る実力者。カットやデザインはもとより、ケミカルにおいても高いレベルを誇り、それらを見事にサロンワークで表現し絶大な人気を信頼を得ている。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる