リケラミルクパーマ(ソニルの使い方)

時短ターバンなしパーマの提案

目次

目的

コテを巻いても取れてしまうストレート毛(普通毛3LV)を、かかりすぎない自分のコテを巻くのが持続できる程度のベースパーマをかける。

方法

シャンプー後、髪のダメージの診断を行った。

そして、そのあとに、必要な髪と判断したため、ワクワクの種BYACを塗布していった。

その後、上からソニルCA-Sを塗布してシャンプー台で5分から7分程度放置していった。

そして、水洗をした。

水分量をしっかりとって、ワクワクneoキトキト10倍を塗布し、チェンジリンスした。

そして、お席で、ワクワクの種ジェルエッセンス:リケラプラリノベーターローションを1:1で混ぜたものを塗布して、ワインディングした。

その後、熱をあてた。(加圧式圧縮蒸気を5分~7分あて、その後自然放置5分から7分)

そして、シャンプー台で寝かせた状態で2剤ソニルB2ローションを塗布した。

工程

STEP
シャンプー後、ワクワクの種BYAC塗布
STEP
ソニルCA-Sを塗付して、5分~7分放置。水洗をする。
STEP
ワクワクneoキトキト10倍   チェンジリンス
STEP
ワクワクの種ジェルエッセンス:リケラプラス リノベーターローションを1:1を混合して塗布してワインディング
STEP
熱を与える。 加圧式圧縮蒸気7分
STEP
自然放置でクリープ。5分から7分
STEP
2剤 ソニルB2ローションをシャンプー台で塗布。
STEP
水洗。

結果

全くパーマダメージを感じない状態で、ゆるいパーマをかけることができた。

モデルさんはコテを巻いても取れてしまうストレート毛(普通毛)であり、かかりすぎるのは嫌で、自分でコテを巻くのが持続させたいという目的でパーマをかけた。

その目的通りのかかりあがりとなった。

7日後も、ドライヤーの風だけで乾かしても緩やかなパーマは、持続している。

その為、パーマの持続も問題ないと感じる。

結論

40分程度で2剤まで行うスピードでかけることができるパーマである。

カウンセリングを行い、カットしながらパーマをかけるには提案しやすいメニューである。

また、リケラプラスリノベーターとジェルエッセンスの混合液が、パーマのリッジの軽さと弾力を作ったと感じた。

熱処理の前の工程でジェルエッセンスの活用は、パーマ施術においてはとても良いと感じた。

使用した粧剤

ワクワクの種BYAC

ソニルCA-S

ワクワクneoキトキト

ワクワクの種ジェルエッセンス

リケラプラリノベーターローション

ソニルB2ローション

close
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

リトル・サイエンティストの頭脳派集団「研究開発チーム」です。
他にはない粧剤、理美容師さんの悩みを解決する粧剤を求め、日々研究開発に邁進しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる