化粧品原料事典 【コレステロール】

化粧品原料辞典

コレステロール

表示名称 コレステロール
INCI名 Cholesterol

コレステロールとは

コレステロールという言葉は、

普段の生活でも耳にすることは多いのではないのでしょうか。

コレステロールは、脂質やビタミン、女性・男性ホルモンなどの材料になったり、

代謝を助けたりする働きがあります。

また、ヒトの細胞1つ1つは細胞膜で包まれ、

この細胞膜を形作るためにも重要な働きを持っています。

体内で必要なコレステロールの約7割が肝臓などの体内で合成され、

残りの3割を食事から摂り入れています。

体が正常な時は、コレステロールを一定量に調整する機能が働いているため、

食事で多くのコレステロールをとると、体内で合成する分を減らしてくれます。

しかし、あまりにも過剰にコレステロールを摂取したり、

高齢になるについてコレステロールを一定量に調整する機能が働かなくなったりすると、

血液中のコレステロールが増加してしまいます。

コレステロールゼロと謳っているマーガリンやマヨネーズも売られており、

コレステロールは悪者とされがちですが、

人はコレステロールなしには生きていくことはできません。

体内のコレステロールの4分の1程は脳にあり、

毛髪にも数パーセントあると言われています。

では、毛髪においてコレステロールには、

どんな働きをしているのでしょうか?

毛髪を保護するコレステロール

主な働きは、髪を乾燥や摩擦などのダメージから守る、

保湿・保護作用です。

そして、毛髪内のケラチン繊維(コルテックス)の間、

キューティクル間に存在するCMCを構成するためには欠かせないものなのです。

CMCは、コルテックスやキューティクル同士をつなぎ、髪の構造を保持し、

また、髪の水分コントロールのためにとても重要です。

髪のCMCは、セラミド、脂肪酸を

主としてコレステロールが支える形で形成されています。

セラミド分子は、脂質としては大きく、そして長いため、

セラミドだけを並べると隙間が出来てしまいます。

コレステロールは、その隙間を埋めるように存在します。

セラミドとセラミドをしっかり固定することが

コレステロールの機能であり、

接着CMCとも言えますね。

つまり、コレステロールが失われると、

セラミドのみではCMCを形成することが出来ず、

隙間から過剰な水分や油分、そして栄養分が通り抜け、

髪のダメージを促進させてしまうのです。

コレステロールが失われる原因は様々ですが、

アルカリなどによるケミカルダメージ、

シャンプーによるCMCの流出などが挙げられます。

日々のケアの中でCMCの流出を完全に防ぐことはできませんので、

セラミドだけでなくコレステロールを補い、

髪の中にしっかりとCMCを維持させることがとても重要になります。

CMCのことを考え、コレステロールが配合された製品

ベータレイヤーCMCシャンプー・トリートメント

リケラミスト・エマルジョン

ガルバミスト・エマルジョン

キューティクルヴェール

グレイスプリエシャンプー・トリートメント

スキャルプクレンジング リマサリ

トリートメント リマサリ

アジアンムーン

ジャムゥレーベル スキャルプクレンジング

メルマガ登録しませんか?
週一メルマガで
ブログをまとめて配信します。

化粧品原料辞典
リトルのラボレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました