湿気やダメージでうねりが気になる髪を扱いやすい髪にする方法

ダメージケア

湿気やダメージでうねりが気になる髪を扱いやすい髪にする方法

目的

梅雨の時期の湿気やダメージでうねる髪は、ケラチンの結晶構造の乱れが原因である。

この結晶構造の乱れをなおし、うねりのある髪のダメージを最小限にして、扱いやすい髪にする

方法

浸透促進原液を用いて毛髪中の水素結合、イオン結合、疎水結合を緩め、ナノ化CMCや結晶性高分子ケラチンPPTを毛髪内部に浸透させ、尿素と熱の力で髪の結晶構造のゆがみを一時的に整える前処理方法「ヘアストレッチ」を利用することで、結晶構造の乱れを整えることが出来る。

しかし、「ヘアストレッチ」では一時的にしか結晶構造の乱れを整えることが出来ないため、結晶構造の乱れを整えた後、 リケラ リノベーターのAEDSケラチンを髪内部に定着させて、ケラチン骨格を整えることで、ダメージを最小限にしてまとまりやすく、扱いやすい髪にした。

モデル

  • カット・カラー施術をしている
  • ダメージレベルが中間2.5、毛先3.0
  • エイジングによるうねりがある

方法詳細

方法の詳細については以下の通り。

 初めに浸透促進原液を10%混ぜた トイトイトーイ シャンプーでシャンプーすることにより、ダメージケアとヘアストレッチの工程ポイントである髪の水素結合、疎水結合、イオン結合を緩め(01)、ダメージの強い部分である毛先に ワクワクの種 BYACワクワクneo パワードベータ (1:1)を塗布し、チェンジリンスした。

 その後、 ワクワクneo 3種混合原液リケラ リノベーターローション: ワクワクneoミスト (1:1:4)を髪全体に塗布し、 リケラエマルジョン を毛先に薄付けし(02)、3分湿熱加温することにより、前工程で補給したナノ化CMC、高分子ケラチンを髪内部に浸透させ、結晶構造の乱れを整える下地とした(03)

 続いて、 ワクワクneo キトキト 10倍を塗布して髪を引き締め(04)、そのあとに使用する還元剤の力を適度に除力することで、ダメージを最小限に抑えることができた。

  ワクワクneo キトキト を塗布後、ドライ、180℃でアイロンスルーする(05)ことで、髪の結晶構造の乱れを整えることが出来たが、ヘアストレッチでは一時的にしか歪みを整えることが出来ないため、 リケラ リノベーターを用いて、ケラチン骨格を整えて、継続的に扱いやすい髪にした。

 結晶構造の乱れを整えた後、 ソニルCA-Sリケラ リノベータークリーム(9:1)を全体に塗布後、10分放置することで、 ソニルCA-S還元剤が髪のSS結合を切断すると同時に リケラ リノベーターに配合されているAEDSケラチンを活性化し、髪に定着しやすい状態にした(06)

 次いで、 ワクワクの種 シブミンEX 5倍を髪全体に塗布し、水洗、 ワクワクneo ヘマヘマ 10倍でチェンジリンス、 ワクワクneo キトキト 10倍でチェンジリンスした(07)

 その後、活性化したAEDSケラチンを髪の中に定着し、 ソニルCA-S切断したSS結合を結合させるため リケラ アンカーローションを塗布後(08)、5分放置、水洗を行い リケラエマルジョン を塗布し(09)、ドライ後仕上げた(10)

結果

うねりが見られた髪は、ハンドブローでもまとまるほど扱いやすい髪になっていた。

施術を受けたモデルも満足していた。

1週間後もダメージは感じられず、まとまりは維持されていた。

before

after

結論

髪の歪みを整えるヘアストレッチにAEDSケラチン配合の リケラ リノベーターをあわせて使用することで、AEDSケラチンのSS結合が還元剤によって活性化され、髪骨格をつくることができた

また、アイロン前に ワクワクneo キトキト で一度pHを調整することで髪を引き締め、次いで使用する還元剤の力を適度に抑えるため、ダメージを最小限に、扱いやすい髪にした。

通常のストレートパーマや縮毛矯正では、髪に大きな負担がかかり、カラーやパーマを繰り返しすることができなかったが、本施術を用いることでこれらを可能にする。

使用した粧剤

トイトイトーイ シャンプー

ワクワクの種 BYAC

ワクワクneo パワードベータ

ワクワクneo 3種混合原液

リケラ 3Dリノベーターローション

ワクワクneoミスト

リケラエマルジョン

ワクワクneo キトキト

ソニルCA-S

リケラ 3Dリノベータークリーム

ワクワクの種 シブミンEX

ワクワクneo ヘマヘマ

リケラ 3Dアンカーローション

メルマガ登録しませんか?
週一メルマガで
ブログをまとめて配信します。

ダメージケア
リトルのラボレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました