薄毛は生活習慣が影響する?

博士のつぶやき

薄毛は生活環境と関係ある? 普段の生活で薄毛は予防できる?

薄毛は生活習慣と密接に関係しています。髪の毛に悪いと言われていることをしないようにすることが薄毛予防になります。

1.睡眠不足

睡眠の概念とは免疫細胞やホルモンの力により、昼に受けたダメージなどを寝ている間に修復することですから、寝る時間が少なくなれば、当然、髪の修復も手薄になります。毛髪へ栄養が送られにくくなり、薄毛の原因となります。

2.ストレス

ストレスは血管を収縮させ、血流量を減らします。

その結果、栄養が運ばれにくくなります。

ストレスを受けると、髪の毛の周囲にある毛細血管が機能せず、活性化しません。

栄養が届かないために、髪の毛の健康が保たれなくなります。

3.首こり・肩こり

肩と首の血行が悪くなると、頭の血行も悪くなります。

すると、毛根に栄養を渡す毛細血管に十分な血液が循環せず、髪の毛が栄養不足になり大きなダメージを受けます。

4.塩辛い、または脂っこい食べ物

塩辛い食べ物は、高血圧・動脈硬化を引き起こします。

つまり、老化を早めて脱毛を促進する可能性があるのです。

脂っこい食べ物も、過多の脂分が毛穴を詰まらせ、抜け毛を引き起こす可能性があります。

5.お酒

お酒を飲み過ぎると、肝臓が弱ります。

実は肝臓は、髪の毛を構成する栄養素のタンパク質をつくる臓器であるため、深酒は、間接的に髪の毛に悪いということになります。

6.朝シャン

朝は時間がなく、きちんとシャンプーできず、すすぎも中途半端になります。

洗髪後、髪を守る皮脂膜ができる前に外出してしまったり、髪にとって大切な時間“夜”に、皮脂がそのままになっているなど、これらの要因が髪にダメージを与えます。

メルマガ登録しませんか?
週一メルマガで
ブログをまとめて配信します。

博士のつぶやき
リトルのラボレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました