薄毛は遺伝?

博士のつぶやき

薄毛は遺伝?ハゲの遺伝子ってあるの?

男性型脱毛症に関係する遺伝は2つ存在します。

ひとつは男性ホルモンをより強力な男性ホルモンに変換する「5α-リダクターゼ」という還元酵素の遺伝です。

もうひとつは感受性の遺伝で、強力な男性ホルモンに敏感かどうかという性質の遺伝です。

その強力な男性ホルモンに交換する酵素の働きが強いと「ジヒドロテストステロン」が効きすぎてハゲの原因になりますし、さらに「感受性」が加われば“ハゲ”のスイッチが入ってしまうわけです。

「感受性」が遺伝する?

この「感受性」は性染色体“XY遺伝子”で遺伝します。

男がXY、女がXXですが、感受性はこの特定の“X“で遺伝します。

男性の場合で説明すると、Yは父親からXは母親からもらうので感受性は母親から受け継ぐことになります。

となれば母親にも父親、母親がいるわけですから特定の“X“は母方の祖父からもらったという可能性もあります。

つまり『母方のおじいちゃんがハゲていたら孫もハゲる』というのは“感受性”の遺伝の話なのです。

前述の「5α-リダクターゼ」は両親の遺伝ですから、男性型脱毛症に関して言えば、100%遺伝が原因といえます。

ただし、その遺伝要素を持っていてもどちらかが弱かったり、途中で邪魔するものがあったりすればハゲないこともあります。

女性の場合でももちろんハゲの遺伝子は受け継がれますが、女性ホルモンには抜け毛を防止する作用があり、いわゆる閉経後が一般的で女性ホルモンが減少して50歳くらいから進行するというケースが多いようです。

メルマガ登録しませんか?
週一メルマガで
ブログをまとめて配信します。

博士のつぶやき
リトルのラボレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました