大豆イソフラボン

博士のつぶやき

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンって聞いたことがありますか?

最近注目されていて、化粧品にも良くつかわれていますが、女性ホルモンに似た作用があるために、キメが細かいキレイな肌をつくります。

女性ホルモンは肌の成長にも髪の成長にも必要なホルモンですが、歳をとってくると女性ホルモンも低下して、肌や髪の活力も落ちてくるのです。

しかし、女性ホルモンそのものは肌や髪だけでなく、ガン細胞の増殖も助けますので、たとえば更年期障害で女性ホルモンを注射で体内にらすと症状は軽くなるのですが、乳がんや子宮がんを誘発してしまうこtもおこります。

日本人は食文化として大豆などのイソフラボンがたくさん含まれるものを食べてきました。イソフラボンも女性ホルモン様物質ですので、肌や髪の成長を助けますが、一方で乳がんや子宮がんになりにくくすることがわかりました。

これが、日本人に極端に乳がんや子宮がんが少なかった理由です。

しかし、近年日本人の食文化が西洋化し、大豆などの豆類を食べなくなりました。

この食文化の変化が、女性の乳がんや子宮がんが日本人女性に増えてきた理由と考えられています。

是非、肌のためだけでなく、ガン予防のためにも大豆を食べるようにしましょうね。

ちなみに、イソフラボンが一番多い食材は「おから」です。

安い「おから」で健康と美しさが得られるなんていいですよね。

豆腐や豆乳や納豆もイソフラボンたっぷりですよ。

 

メルマガ登録しませんか?
週一メルマガで
ブログをまとめて配信します。

博士のつぶやき
リトルのラボレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました