ストレートを繰り返し行った髪に対してパーマでウェーブを作る方法

ダメージケア

ストレートを繰り返し行った髪に対してパーマでウェーブを作る方法

目的

ストレートパーマを繰り返した髪は、パーマでウェーブを作ることが難しい。

その為、ストレートパーマを繰り返した髪に対してパーマでウェーブを作る方法を検討する。

方法

年間3回ほどストレートをかける髪に、もともとは髪のくせを何とかしたいということでストレートをかけ始めたが、まっすぐすぎる髪に変化をつける。

ストレート毛にクリープパーマでニュアンス作りと柔らかい質感を出す方法を検討する。

モデル

年間3回ほどストレートをかける髪に、もともとは髪のくせを何とかしたいということでストレートをかけ始めたが、まっすぐすぎる髪に変化をつける。

ストレート毛にクリープパーマでニュアンス作りと柔らかい質感を出す方法を検討する。

毎月白髪染めと年に数回ストレートをかける普通毛の45歳。(ダメージ3、毛先3.5LV)

イメージを変えたいという要望で、施術を行った。

方法詳細

トイトイトーイシャンプーで疎水シャンプーを行い、髪の汚れを落としながら髪を疎水に近づけた。

しっかりタオルドライを行い、3種混合液:ワクワクneoミスト(1:4)を髪全体に塗布した。

疎水グラフトPPTによるダメージ予防、PPTの補給、薬剤の路づくりを行った。

その後、ダメージ部のCMC補給のため特トリを揉みこみながら塗布した。

水巻でワインディングをし、ソニルクリープSをまんべんなく塗布し、8分放置した。

その後テストカールを行い、さらに2分放置した。

ヘマヘマ10倍を塗付した。

ヘマヘマに配合されているヘマチンで“還元剤の働きを不活性化することができる。

タオルドライをしっかり行い、ハリを出すため、イキイキ:ワクワクneoミスト(1:4)を塗付した。

その後クリープを10分行った。

ポリK10倍を塗付し、ポリフェノールの収れん効果によって髪を引き締めた。

指の腹で揉みこみながら2分放置後、キトキト10倍を塗付した。

その後、指の腹で揉みこみながら2分放置した。

ソニルBⅡローション処理を行う。(7分×2回)

その後、ロッドの上からシブミンEX5倍をフォーマーで塗布し、揉みこんだ。

柿渋のパーマの残臭を抑える効果を利用した。

ロッドアウトし、ロット系を壊さないようにやさしくシブミンEXを中に入れ込むイメージで全体に揉みこんだ。

水洗、軽くタオルドライをし、ヘマヘマ10倍をチェンジリンス、キトキト10倍をチェンジリンスした。

そのあとに、軽く水分を絞ってから、トイトイトーイトリートメントを塗付して、揉みこみ、水洗した。
タオルドライ後、軽くガルバエマルジョンをつけて、ドライ、仕上げを行った。

結果

ストレートの毛先にも、柔らかくゆるいパーマがかかった。10日後には、毛先の引っかかりが見られると予想できたため、アウトバスをガルバで使用していただきメンテナンスすることをお勧めした。

before

after

パーマ後

結論

ストレート毛にコールドパーマでもクリープ期をしっかり持ち、丁寧にパーマをかけることでパーマをかけられた。ソニルクリープSというやさしい薬剤を使用し、クリープ期を利用すれば、質感も柔らかくニュアンスづくりをする毛先のパーマをかけることができた。

使用した粧剤

トイトイトーイシャンプー

ワクワクneo3種混合液

ワクワクneoミスト

ワクワクneo特トリ

ソニルクリープS

ワクワクneoヘマヘマ

ワクワクneoいきいき

ワクワクneoポリK

ワクワクneoキトキト

ソニルBⅡローション

ワクワクの種シブミンEX

トイトイトーイトリートメント

ガルバエマルジョン

メルマガ登録しませんか?
週一メルマガで
ブログをまとめて配信します。

ダメージケア ドレッシーケア
リトルのラボレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました